スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと良いボールペン CROSS ATX シリーズ

バッグやジャケットにちょこっと忍ばせておきたいボールペン。
こないだまでパーカーのヤツを使ってたんだけど、うっかり紛失してしまった(´・ω・`)
やはり無いと不便なので、新たに購入することにしました。

せっかく買うなら今度は別のメーカーの物をと思い、値段も手頃だったクロスのATXを選択。


何か眼鏡ケースみたいなので来たーΣ(゜Д゜)!!


オープン。
…やけにケースに気合いが入っている。


ここと、


ここに、CROSS の刻印。

色はマットクロームってヤツです。
何故かこれだけ2700円だったんだよね。
他のカラーは4000円ちょっとするのに。
何でや。

リフィル交換時は、軸を引っ張って開ける。


ペン先は軸を回して出すタイプです。
スベスベした手触りなので、少し滑りやすい。
書き味は良好で、軽い筆圧でも滑らかに書けました。
軽く握って、ペンの重さに任せるくらいの軽さでも書けます。
ただ、インクの乗りは正直パーカーの方が好きかなぁ(´・ω・`)

まぁ、悪くは無いのでしばらくはコイツをバッグに忍ばせよう。
スポンサーサイト

『EVAキッズ』シリーズ テレビボード

暫くバタバタしていて、こんなに更新間隔が空いてしまった!

このバタバタ期間の間に、上の子は誕生日を迎え、下の子は伝い歩きをするようになりました。
運動会に参加したり園グッズに貼るお名前シールを作り直したりの保育園関連のアレコレをやったり、大きくなってきた子供たちの衣類を買いに出たりとまぁ色々やってたら、いつの間にか11月になってたよ…(´・ω・`)

で、今回紹介するのは家具!
縁がスポンジになってる『EVAキッズ』シリーズのテレビ台(幅145cm版)です。

どーん。

下の子が伝い歩きをするようになり、テレビボード付近でわちゃわちゃしてることが増えてきました。
で、しゃがんだときの目の高さがちょうど旧テレビボードの角と同じで非常に危険だったため、今回のEVAシリーズに買い替えた次第です。

このように、縁がスポンジ的素材になっており、ぶつけても安心な作りになっています。

丸みを帯びてるので更に安全。

引き出し部分はスポンジは付いてないけど丸み加工はされてます。


左右の棚の扉兼マガジンラックの部分だけは、一部尖っている箇所があるので注意だ。



背面にはケーブルを通せるくらいの隙間があります。




写真は載せてませんが、うちには同シリーズの本棚と玩具ボックス×2も置いています。

もうね、このシリーズ最高。
どれも高さが子供向けに最適化されてて、凄い使いやすいです。

ベストな高さ→掴まりやすい!
目の前に玩具→玩具を取りやすい!
角が痛くない→怪我の心配が少ない!

ということで、一般的なテレビボードや棚を置いてたときとは安心感が段違いです。

家事の際、子供にはちょっと退避していて欲しいときなど、積極的にこの棚の所に連れていく程に重宝してます。

掴まり立ちや伝い歩きをするようになったお子さんがいる家庭にはほんとオススメ。
角で怪我するリスクから解放されて、子供の一人遊びも余裕を持って見守れるようになりますよ。

【保冷タンブラー】サーモスvs象印

保冷タンブラーがもうひとつくらい欲しくて、
買い足しました。

以前購入した象印のタンブラーがかなり良かったのでまた同じものをとも考えたんですが、
保冷タンブラーといえばサーモスも忘れてはいけない。
せっかくだから、象印のタンブラーと使い比べてみようと思って今回はサーモスのヤツを購入しました。

並んでどーん。
左がサーモスで、右が象印。

サーモスの容量は400mlです。
象印か450mlなので、ほぼどっこい。

内側の違い。

サーモスはステンレスそのままで、
象印は中がステンレスミラーになってます。
ちなみに、サーモスのタンブラーには同サイズのミラータイプもありますが、ロフトの店頭でサンプルを見たところ内側はミラーになってなかったです...。

象印の方は、内側に繋ぎ目が見えます。


飲み口部分の比較。

サーモスは薄くソリッドな感じで、
象印は厚めでやさしい。

ふたつのタンブラーを使い比べてみたところ、
各要素ごとの良かった方は以下の通り。

・保冷力:象印
・持ちやすさ:サーモス
・飲みやすさ:象印
・価格:サーモス

若干ですが、象印の方が温くなるまでの時間が長い印象。
サーモスの方が少し持ちやすい印象。スッキリしたデザインだからかバランスが良い。
個人的には僅差で象印の方が好みでした。

これらはともに真空断熱構造のステンレスで出来ていますが、サーモスがステンレスの塊といった作りなのに対して、象印は真空部分にアルミ箔を入れ、保冷力を高めているのだとか。
(象印タンブラーのマニュアルに載ってた。)
だから象印のタンブラーを振ると、かすかにシャカシャカと音が聞こえます。
そのせいか、象印タンブラーを叩くと空洞感のある音がします。
Amazonのレビューなどで象印の方が「作りが安っぽい」と書かれていることがあるのですが、この作り(軽い音がする)のせいで安っぽく感じるんじゃないかなぁ...。
実物は全然そんなこと無いんだけどね。

と、まぁ、 象印の方が保冷力が高かったのは上記の構造のおかげっぽいです。

とはいえ、両者ともにそんなに大きな性能差は見られないので、
コンパクトでスッキリとしたのが欲しい人はサーモス、ちょっと場所は取るけど飲みやすさと少しでも高い保冷力が欲しい人は象印を選ぶと良いんじゃないかな。

というわけで、以上、サーモス保冷タンブラーと象印保冷タンブラーの比較レビューでした。

コンタクトレンズにしました。

最近滅茶苦茶に暑かったので、メガネをやめてコンタクトにしました。


夏の間は毎日使うつもりなので、2週間で交換するタイプの物にしてみた。
なので毎日のケアが必要です。
ものぐさな性格なので毎日手入れしないと駄目とかめんどくさそうだったけど、やってみると全然そんな事は無かった。

洗浄液は、「楽なヤツください」と言ったらこれが出てきた↓

専用カートリッジの、
右目用のレンズを入れる方。
左下にRの文字がある。


左目用。こっちは中心に大きくLの文字。


開けて入れる。中はドーム型になってるので、レンズが裏返る心配は無し。


洗浄液を入れて、


レンズをセットしたカートリッジを入れる。

この時点で泡が出てきて洗浄が始まります。

そのまま6時間放置。


この洗浄液の成分は過酸化水素で、カートリッジの下部に付いてる金属パーツはプラチナだそう。

プラチナを触媒として過酸化水素を水と酸素に分解するワケだね。
過酸化水素の殺菌力と分解時に発生する泡(酸素)で綺麗にしつつ、放っておけば最後には無害な水になるという事か。
上手いこと出来てるなぁ。

放置時間の6時間が、反応が終了するまでの目安ということなのだね。
だから6時間経っていないレンズを装着すると、目がヤバい...。
時間はキッチリ守らねば。

最初はどんなもんかと思ったけど、ケアは楽だし、子供と遊んでてもメガネ吹っ飛ばないし、汗をかいてもズレないしで、かなり良い感じです。

これは良い買い物をした。

もうポケットチーフは崩れない。

先日、友人の結婚式に行ってきました。
生演奏とかあって凄い良かった!

俺は式の受付担当で、最初にゲストの方々に挨拶をする役目でした。
初っぱなにゲストと対面する立場なので、第一印象は大事!

ということで、当日の準備をしながら、服装には気を付けないとなーとか、いつの間にかポケットチーフ崩れてたら嫌だなぁ、とか思っていた矢先にこんな物を見つけました。

あまりにタイムリー過ぎて速攻でポチりました。
まさかこんな物があったとは…。

ポケットチーフを固定するアイテム、
ポケガードです。

どーん。


開いたところ。
留め具の部分はマグネット。


このペラペラしたところに…


チーフを挟む。


そしてポケットにIN!


外からポケガードは見えません。
中がこうなっているとは誰も気付くまい。


一日使ってみましたが、全く型崩れすることなく、ポケットの奥に沈むこともなかったので安定感は抜群でした。

用途は凄い限定的だし出番もそう多いものでもないけれど、あると便利な縁の下の力持ち的なアイテムです。
これは地味に便利。
突然の写真撮影があっても、安心感が違う。

個人的にはこれはもう正装するときのマストアイテムだわー。


プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。