スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブスタイラスペン PSA-TPA2

プリンストンのアクティブスタイラスペン、 PSA-TPA2 を買いました。

色は黒をチョイス。


スマホやタブレットで細かい操作が出来るとよいなぁ、と思い購入しました。

というのも、職場で使ってるスマホがアホみたいにモッサリ動作ゆえに指では思うように操作しづらく、少しでも楽になればという思いでスタイラスペンに頼ることにした次第。

昔(4年前くらい?)にもスタイラスペンを購入したことがあるのですが、その頃はまだアクティブスタイラスなんてものは無く、導電素材の太いペン先が付いてるものでした。
(ワコムの初代bambooスタイラスです。)
あれはペン先が太いせいで使い勝手が悪く、殆ど使わずに終わってしまいました。

が、今度のアクティブスタイラスペンはペン先がわずか2mmですよ2mm。
ペンタブレットなんかとほぼ同じ。凄ぇ。

普通のスタイラスペンとアクティブスタイラスペンの最大の違いは、ペン側に電荷を制御する機能が備わっている点です。

多くのスマホで採用されているタッチパネルは静電容量式のもので、これはパネルに触れることで発生するパネル表面の電位の変化を検知する仕組みです。

通常のスマホ用スタイラスペンは、ペン先に導電性の素材を用いることで、タッチした部分の電位変化を発生させています。

ただ、ペン先が細いほどパネルとの接触面で発生する電位の変化が小さくなり、思うようにタッチパネルが反応しなくなってしまいます。
だから大抵のスタイラスペンのペン先は太い。

そこで、アクティブスタイラスは自身が電荷を蓄える機構を備えることで、小さな接触面でも十分な反応を得られる電位変化を発生させられるようになっています。
ゆえにペン先が細くても大丈夫。

ということなので、アクティブスタイラスの稼働には電池が必要になります。

使用する電池は乾電池だったり充電池だったりとモデルによって様々ですが、
今回の PSA-TPA2 は単4電池を使います。

(電池は一本付属してます。)

…と、蘊蓄はここまでにしておいて、使ってみた感想はというと、

大活躍やで。

活躍のポイントは2つ。
・ペン先が細い
・パネルの反応を任意にON/OFFできる。
です。

アクティブスタイラスの特徴そのままですが
(´・ω・`)

活躍の場としては、スマホやタブレットで説明する場面。

最近仕事でスマホを使ったシステムの説明をすることが多いのですが、そのときアクティブスタイラスが大活躍しています。

画面を指差すと隠れてしまうようなサイズのボタンもこの細いペン先なら見えたままだし、電源をOFFにしておくことで
「ここやで(トントン)」
ができる。
電源OFFなら画面を直接なぞっても誤動作の心配が無く、重要だったり注目して欲しい所を効果的に説明出来るのが良いです。

いざ当該ボタンの動作を見せたいときは、手元のペンのスイッチを入れれば良い。

指し棒とスタイラスをスイッチ一つで切り替えられるのは、通常のスタイラスペンにはない優位性だと思う。

半ばお試しで買ったつもりが、思いの外やる子だった。

電源ONでスイッチが光るぞ。


電池のせいで若干後ろに重心が片寄ってるけど、そう気にならないレベルです。
表面がサラサラした手触りなので、少し滑りやすいかも。

太さですが、一般的なボールペンと大差無いです。

他所のレビューなんかではたまに「太い」という意見を見かけますが、俺が普段使ってるジェットストリーム4色ボールペンの方が太いよ。
ドクターグリップとか多色ボールペンを常用してる人には、このアクティブスタイラスの太さは気にならないと思います。

あと、動作の精度には使用する端末との相性もあるかもしれません。
ウチの端末「Xperia Z1f」では快適に動作しています。

コイツの価格は、店にもよるけど概ね4000~5000円弱とペンにしては高めです。
店頭で試せる場合は試してみてから買うのが良いと思います。

使う場面がマッチしたというのもあって、個人的には良いモノ買ったといった感じでした。


スポンサーサイト

SONY walkman NW-A26HN 使ってみた

先日購入した NW-A26HN を一週間ちょい使ってみた!

結論から言うと、「買って良かった」です。

使ってみた感想↓

【操作性】
キーが菱形のためキーの位置が探りやすく、見なくても操作が容易です。
Sシリーズみたいなミッキー型の配置だと上下左右がいまいち分かり難かったので、これは良い変更点でした。

本体のサイズ感がちょうど良い。
片手で操作しやすく、バランスの取れたデザインだと思います。
ポケットやバッグでも場所を取らないギリギリの大きさに上手く納まってると思います。
スマホくらいデカくなっちゃうと邪魔になってくるんだよね。

画面のインターフェースはSシリーズとほぼ同じで、とくに目新しい点はありませんでした。
言い替えれば、旧機種と同じ感覚で操作が可能ということ。
スムーズに新機種に移行できました。

【音質】
上がったと思います。
公式に謡われている無鉛はんだがどうとか低抵抗ケーブルがどうとかの素材的な要素はよくわかりませんが、DESS HXの恩恵はデカイと思う。
DSEE HX は、ハイレゾでない音データをハイレゾ相当にアップスケーリングしてくれる機能です。
これをONにすると、確かに奥行きが増したように聴こえます。

DSEE HX と並んで搭載されている音響制御機能
「ClearAudio+」ですが、こっちは人によって好き嫌いが別れそう。
ClearAudio+ をONにすると、シャープさが増すとともに低音がやたらと強調されます。
低音好きには良いかもしれない。
あと、 ClearAudio+がONの状態ではその他イコライザ機能が使えません。
細かく設定をいじりたい人には向かない機能ですね。

俺の設定では、DSEE HX と ClearAudio+ を両方 ON にして使ってます。
前のwalkmanに比べて結構音が変わるので、その変化を楽しんでます。

【付属品】
付属のイヤホンは正直残念な音でした…。


ノイズキャンセリング対応というのは魅力なのですが、肝心の音は籠った感じの抜けの無さ。
試しに付属イヤホンから手持ちのATH-CKR10に替えてみたところ、CKR10の圧勝
とくに高音域のクリアさが段違いに向上しました。
まぁ価格帯が違う機種同士の比較なので差があるのは当たり前なんでしょうが、それでも劇的とも言える変化でした。

どうしてもノイズキャンセリング使いたい!という拘りが無ければ、他のイヤホンやヘッドホンにしちゃって良いと思います。

ヘッドホン設定はデフォルトで付属イヤホンが選択されているので、別のに替えるときは設定変更を忘れずに。



と、こんな感じです。
目玉のハイレゾ対応に関しては、イマイチよく分からんというのが正直なところ。
ハイレゾ音源は『ハルカナルトキノカナタヘ』(クロノトリガー&クロスアレンジアルバム)で買ってみたけど、ハイレゾじゃない版が無いので比較出来ず。
比較は出来ないけど、音は非常に綺麗でしたよ。
上で書いたように、DSEE HXでアップスケーリングされた音が良く聴こえるんだからハイレゾはまぁ相応に良い音なんだろうな、と思ってます。

しかしハイレゾ音源ファイルデカいなぁー。
アルバム1枚で1GBにもなるのね。
こりゃハイレゾ音源を多く入れるならmicroSD必須だわ。

以上、 NW-A26HN を使ってみた感想でした。
総合して、ライトに楽しむユーザーにはとても良いDAPだと思います。
ガチなユーザーはZXシリーズの方に行くだろうし。

SONY walkman NW-A26HN

ウォークマンを新調!
NW-A26HN を購入しました。


付属のイヤホン。

ハイレゾに対応しつつ、ノイズキャンセリング機能も搭載していることがウリのようです。

プラグ部分には、本体のポートを保護するカバーが付属。


装着したところ。


あとクリップも付いてた。



そしてケースも一緒に購入。


ケースの型番は CKS-NWA10 BM 。
型番的には先代のA10シリーズ用ですが、A20にも対応していることが公式に謡われてます。


ケース装着時は、サイドの音量ボタンとホールドスイッチが操作可能。


底面のポートとイヤホンジャックもアクセス可能です。


SDカードスロットにケースの留め具が干渉してしまっているのがちょっと惜しい。

ケースを外さないとSDカードの出し入れは出来ないです。

装着感はキッチリはまってて良いです。


そしてこれが今まで使っていたウォークマン。
NW-S745。


2009年製だから、今から6年前か…。
カバーがボロボロになっておる。
よく頑張ってくれたよ。
カバー着けてたから本体は凄いキレイです。


さて、実際にA26で聴いてみた感想は次回に。


OLYMPUS PEN シリーズ用充電器&充電池セット SBLS-5

デジカメの充電器が壊れた!

赤丸部分のランプが点滅しっぱなしで、一向に充電できない…。


年末年始の旅行前に発覚して良かった…。
急いで注文じゃ!

ということで、届いたのがこちら。
OLYMPUS PEN シリーズ対応の充電器と充電池がセットになった SBLS-5 です。


電池だけや充電器だけでも売ってるんだけど、スペアの電池を確保しとく意味でセット版を選択。

充電器の BCS-5 と、


充電池の BLS-5 が


入ってます。


パッケージにはセット販売用の型番が振られてるけど、中身は単品と同じですね。
バラバラに買うよりは少しお得な模様。

とりあえずこれで旅行は一安心だ。

象印ステンレスタンブラー SX-DA45

暑い季節がやってきた!

アイスコーヒーなんかをがぶ飲みしたくなる季節ですよ。
というわけで、保冷ができる真空断熱タイプのタンブラーを買いました。

象印のSX-DA45です。


容量は450ml。
ペットボトルとほぼ同じ量が入ると考えると結構でかい。

このシリーズは他にもカラーバリエーションがありますが、食洗機対応はステンレスカラーのみです。

開封。


内側はミラー加工。
飲み口が厚めなので口当たりが良い。


サイズ感はこんな感じ。


いやー、これ凄い良いよ
実は買ってから1ヶ月くらい経つのだけど、
今や何か飲むときはだいたいコレ使って飲んでます。
洗い中で使えないってとき以外は殆どコレ。

氷を入れてなくても冷蔵庫から出したときの温度が2時間近くキープされてて、結露も一切無し。
ここまでしっかり保冷されるもんだとは思ってなくて、正直ナメてた。

お茶、ジュース、酒と、何を入れても十分な保冷力を発揮してくれます。

450mlというサイズも丁度良かった。
冒頭にも書いた通りほぼペットボトル一本分なので容量は十分だし、食洗機内でも場所を取りすぎないから扱いやすい。

コレよりもう一段階大きいサイズバリエーションに600mlがあるけど、それだと食洗機の中で邪魔になりそうだ…。

容量十分、扱い易い、保冷力十分、飲み物の種類を選ばないと、まさにオールラウンダーなタンブラーです。
完全にお気に入りアイテムになっていて、今年買って良かった物の上位に確実に食い込んできそう。

これはガチでオススメです。
プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。