スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園の付録シフトカー、メガマックスフレア

もう3月も中頃になってしまっていて今さら感がありますが、今回は雑誌『幼稚園』3月号の付録限定シフトカー、メガマックスフレアの紹介です。

手前の黄色いのがメガマックスフレア。
奥が普通のマックスフレア。

後ろから。

黄→オレンジ→赤とグラデーションカラーになってます。

裏から。
溝の形が通常版とは異なってます。


マークがちょっと違う。
「!」が被さってます。

変形機構は、残念ながらバネ無し(´・ω・`)
食玩版やガシャポン版と同じカチカチクリック式です。
まぁ雑誌の付録だし仕方ないかー。

シフトブレスに装着。


タイヤコウカン音声は「メガ!マックスフレア!」になります。
シフトアップ音声と音楽は通常版と同じ。
フルスロットル音声は「ようちえーん!」でした。
シフトハイスピードのときもそうだったけど、雑誌名そのまんまなんですね(^ω^;)

しかし、DX版の玩具に雑誌連動音声が仕込まれてるって凄いなぁ…。
スポンサーサイト

ギミック満載で面白い!忍者一番刀!

我が家に忍者一番刀がやってきたぞ!


変身用のアカニンジャー手裏剣が付属。


変身、必殺技、召喚ボタン。

召喚ボタンは「ザ・召喚!」って音声なのに何で『呼』なんだろ…。『召』じゃないんだ。

柄の根元にもボタン。
刀だけのときに押すと斬撃音、手裏剣装着時は投擲音、変身音など色々鳴ります。


電源は刀身の根元にあります。
グレーのボタンは手裏剣の取り外し用。


柄の裏側に電池ボックスとスピーカーがあります。


手裏剣やボタン操作に連動して「忍者一番」の文字が光る。


手裏剣の裏側。
中心にボタンがあって、これが押されると手裏剣から音声が出ます。
手裏剣単体でボタンを押したときは、投擲音が出ます。


ボタンが押されると「赤」が光る。


手裏剣の側面。
黒いボタンを押しながらブレードを回すと、本体とブレードに分離します。


ブレードを嵌めると「アカニンジャー手裏剣!」って言う。

側面にはもう1つスイッチがあります。
(クリアパーツの部分。)

これが必殺技や変身時の音声を鳴らすスイッチです。
後述の回転ギミックで使われるスイッチ。

忍者一番刀の手裏剣を嵌める部分。
中央のポッチが柄の根元のトリガーに連動していて、トリガーを押すとポッチがせり上がるようになってます。
これにより、刀の操作で手裏剣の裏側に付いているスイッチが押されるという仕組み。

更に、八角形の部分が回転するようになっています。
これが手裏剣を回すギミックのキモの部分。
回転時に手裏剣側面のスイッチが押されるようになっており、これにより必殺技の「忍者一閃!」や変身の「赤じゃ!青じゃ!~(略)~忍者ー!!」の音声が出るようになってます。

手裏剣の顔部分は可動します。

変身用の手裏剣もシュリケンジンで使えるってことか。

名前はアレだけど、音声パターンやギミックが満載で面白いアイテムです。
刀と手裏剣からそれぞれ音声が出て、それを同時に鳴らすための機構やアイデアが詰まってます。
遊んでいてとても楽しい(・∀・)
音楽がやたらと派手なのも良い。
まさに「忍びなれども忍ばない!」ですね。
忍ぶ気が微塵も感じられない…。

うちの息子もかなり気に入っていて、何度も変身しています。
それどころか家族みんなで「忍者ー!」やってたりもします(´∀`)

これホント面白い。

3歳が持った時のサイズ感はこんな感じ。
片手で軽々持てるし、手裏剣操作も難なく出来ます。

刀、手裏剣ともに刃の部分は少し柔らかめの材質になっていて、安全面にも配慮されてます。

ちなみに、召喚に使うオトモ忍手裏剣は別売りなので注意です。
(パッケージに書いてあるけどね。)

召喚ボタンを押せば「だれじゃだれじゃ」は言ってくれるけど、「シノビ丸!」が出ない。
オトモ忍の名前音声は手裏剣の方に組み込まれているようなので、忍者一番刀のパッケージで楽しめる召喚は音楽のみです。

召喚まで完璧に楽しみたかったらシュリケンジン買えってことか(´・ω・`)

Peach × ラピート ハッピーライナープラレール

南海電鉄の特急列車ラピートとPeach航空がコラボした、Peach×ラピートハッピーライナーのプラレールが出ていました。

近所のビッグカメラに寄ったら息子が目敏く発見してきた。
お前ホント電車好きだな!



中間車両。


運転席の窓はクリアパーツ。
ロゴもしっかり再現されています。


普通のラピートに比べてボディーカラーが違うだけなのに、まるで別の車両のような変わり様です。
このカラーリングは良いなー(・∀・)

Vitaのケース

買い増したVita用のケースを買ってきました。

ホリのプロテクトフレーム。

色々検討してみたけども、やはりコレに行き着いてしまった…。
もう一台のVitaに着けてるのと同じものです。
スタンドを立てたときの安定感とか、ヒンジ部分の処理の滑らかさとか、作りが丁寧なのが良い。

新Vitaに装着。


やはり、

安定感がある。


さて、セットアップから持ち出し準備まで整ったので、いよいよコイツの出番だ。

やるぜー(`・ω・´)

Vitaのポーチ

買い増したVitaのセットアップを少しずつ進めています。
セーブデータのコピーとシステムアップデートが終わったので、やっとゲーム出来るところまで来たぞ。
付属のメモリーカードを使うにはシステムアップデート必須でした。

新しいVitaのセットアップ中にデビューパックに付いてきたポーチを見てみました。

Vita2台にポーチも2つ。
青いポーチはもともと持ってたホリのヤツです。
使い勝手の比較対象はコイツ。


ホリのは固さで守るタイプで、付属ポーチは内側のクッションで守るタイプ。
どちらも内側にはウレタンっぽいクッション素材が使われてて、衝撃吸収はしてくれる。

付属ポーチの容量はなかなかです。
保護ケースを装着した状態でもすっぽり収まるゆったり感。


対してホリのポーチは固いために容量に余裕は無く、Vita本体を入れたらそれでおしまいというタイト感。



ホリの方もケース装着状態でも入ることは入るけど、かなりギリギリ。


バッグの中で圧迫されることが多い場合はホリの方が良さそうだけど、そうでないなら付属ポーチも十分アリだなー。

さて、明日にはようやくGE2着手だ(`・ω・´)

PS Vita デビューパック買ってきた

PS Vitaのデビューパックを買ってきた!

あとGE2レイジバーストも買ってきた。

Vitaは既に一台持ってるんですが、コイツがいつの間にか我が家の動画再生専用機になってしまっていて全然ゲーム出来なくなっちゃったので買い増しました。
俺はゲームがしたいんよ(´・ω・`)

開封!

通常のセットであるVita本体と充電ケーブルに加えて、ポーチとメモリーカード(16GB)が付属。
バリューパックと違い、液晶保護フィルムは付いてません。
なのでフィルムは別途購入しました。

色はBlue/Blackを選択。

中々良い色。



以前販売されていたバリューパックでは8GBだったメモリーカードが、今回は16GBにサイズアップ。
これは嬉しい。
今回の買い増しでデビューパックを選んだのもこのメモカが付いてくるからです。


ポーチはナイロン製っぽい感じ。
ファスナー部分の色はVita本体の色と同じです。(Red/Blackの場合はファスナーも赤。)


表側にポケットがあります。
イヤホンとか入りそう。


内側。
カードを3枚収納出来るポケットがあります。


本体を入れるとこんな感じ。


裏面には何も無し。


セットアップとかデータ引き継ぎとかはまた今度。
今日はもう時間切れだ('A`)

ちなみにこのデビューパックを以て、 Blue/Black と Red/Black のカラーバリエーションは販売終了だそうです。
Blue/Black か Red/Black を狙ってる人はこれが最後のチャンスですよ。
プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。