スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤレスキーボード TK-FBP052

前回のスマホスタンドに続き、仕事で急にBluetoothワイヤレスキーボードが必要になったので購入。
エレコムのTK-FBP052です。


やはり「とりあえず急ぎで」という状況だったので、安さと在庫の有無でコレをチョイス。
価格は2000円ちょいでした。

意外とキーが沈むので、打鍵感は悪くない。


普段家で使ってるVAIO Duo 11 より良いくらいです。

では肝心の使用感はというと、癖がありすぎて慣れるのが凄ぇ大変
こいつはヤベェぞ…(´Д`;)

困るのが、キーボードの表記と実際に入力される文字が異なる場合がある点。
そもそも入力自体できない文字もあったりします。
『()』を書きたいのに『)』が入力できなかったり、@を入力する操作が command+space だったりと、記号系文字の入力方法がかなり特殊です。
まぁ入力周りの面倒くささは、たぶんペアリング対象がAndroid端末だからだと思う。

また、enterやbackspaceが通常のキーボードと比べて少し下に付いてるせいか、タイプミスが頻発…。
カーソルキーに至っては完全に横並びの配列になっており、とても操作が難しい。

この辺りのキーはガチで鬼門。


価格の安さとコンパクトさはかなり良いんですが、Androidと連携させて使う場合はキー配列がド変態レベルになるので覚悟が必要です。

うーむ、慣れるまで大変だわコレ(^ω^;)
スポンサーサイト

スマホスタンド買ったよ!

仕事でスマホスタンドが必要になったので、取り合えずコレを買ってみました。

オウルテックの『スマートフォンスタンド』です。


こんな風に立て掛けて使う。
置き方は縦でも横でもOK。


後ろから見るとこうなってる。
好きな角度に調整できます。


iPad Air も横置きなら行けます。


横から見るとこう。
スタンドさんは頑張っている。


iPad Airは、縦置きにすると流石にバランスが悪く、倒れてしまいました。
(´・ω・`)

PS Vitaも行けるぜ!



畳むとここまでコンパクトに。
持ち運ぶときも嵩張らない!


スマホを置いたときの安定感もあるし、自由に角度が変えられて、その上持ち運びも楽。
ラバーっぽい素材で滑らないのも地味だけど良い点。
500円ちょっとという非常にリーズナブルな価格に対し、機能面ではかなり「デキる子」です。

急に必要になったから 「とりあえず」と価格だけで選んだんだけど、凄まじくコストパフォーマンスの高いモノに出会ってしまった気がする…。

家用にももう一個欲しいくらいだ。

ATH-CKR10 買った!

以前 ATH-MSR7 を買ったものの、やはりどこかで気になっていた ATH-CKR10。

その前に使っていたCKR9の音自体はとても好みだったので、その上位機種である CKR10 はどんなもんなのかな、と。

そしてついにその誘惑に負けて買ってしまった!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!


公式で超解像度再生を謳っているだけあって、たしかに解像度は高いです。
そして思っていたより低音が出てて驚いた。
MSR7より出てるかも。

印章としては、情報量が多いといった感じの音です。
その音一つ一つがとてもパワフルで、低音から高音まで、細かに抽出された音をどかーっと耳に流し込まれる感じでした。

この辺は、MSR7の方が洗練された感があるなぁ…。
MSR7の場合は、細かに抽出しつつ聴きやすいよう整えて流す、といった感じだった。
まぁあっちはヘッドホンだし、ガチで比べるものではないと思うけど。

CKR9とは素材は違えど造りは同じなので、着け心地や遮音性などは変わりませんでした。
ガッツリ響くタッチノイズも健在
まぁそうだろうとは思ってたけどね…。
(´・ω・`)

とはいえ、イヤホンとしてはかなりの高解像なので、これはこれでアリです。
凄くハッキリと鳴らしてくれるので、聴き応えがあって面白い。
通勤のお供は、暫くはコレで行こう。

これからの季節はヘッドホンだと暑いしなー…。




PS Vitaのケース問題に決着

PS Vitaをスタンド付きのプロテクターとイヤホンを装着したスタイルで使ってるんですが、
この状態で仕舞えるVita用ケースをずっと探してました。

で、たどり着いたのがタブレットPCケース


Vita専用を謳うケースは、どれもイヤホンまではスッキリ入ってくれないんですよね。
じゃあVita専用から離れてみたらどうよ?
ということでタブレットケースを試してみたら、意外とハマった。

幅がピッタリ。


入れる。


プロテクターとイヤホン付き状態で完全にIN。


中はこんな感じ。


ちなみにこのケースのサイズは iPad mini 用です。
元々タブレット用なだけあって、内側は傷が付きにくい素材になっているのでゲーム機にも丁度良いです。

暫くはこれで運用してみよう。

DXシュリケンジンがやってきた

遊びに来てくれていたお祖母ちゃんに息子の「シュリケンジンが欲しいです!」が炸裂した結果、我が家にシュリケンジンがやってきました。


シュリケン合体。

初見では「えー(´Д`;)」と思ったデザインも、ガチャガチャ弄ってるとこれはこれでアリだな、と思えてくるのが不思議。
メカというよりかは「カラクリ」といった感じのデザインで、意外と忍者っぽい。
ダンプとかドラゴンとかリニアとか、構成員は全然忍者じゃないんだけど…。

オトモ忍手裏剣がそのまま頭部パーツになるので音が出るのは良いなー。
ワッショイニンジャ!

先日のパオンマルもついに合体。


そして脚の側面、踵付近、足裏にまだ使われていないジョイントパーツが…!


ここにジョイントがあるってことは、超超トッキュウダイオー的な合体をするんかなー。

超濃厚!モエルー・ショコラ

アンリ・シャルパンティエの萌えるモエルー・ショコラが美味い!


こういうやつ。
これをレンジで20秒ほど温めてから食べるのです。


温めると物凄く濃厚なチョコが中から流れ出してチョコソースみたいになります。
そしてうっかり写真を撮り忘れた…。

外側はしっとり、内側はトロトロ、しかも味は超濃厚というチョコ好きにはたまらん味わいです。
コーヒーに凄く良く合うので、おやつにピッタリのお菓子でした。

パオンマルは予想以上に象さんだった。

パオンマル買ってきた!


劇中初登場時にニンニンジャーたちのピンチを救ってくれたからか、息子的はパオンマルがお気に入り。

そんなパオンマルは、こんなパーツで出来ている。


オトモ忍手裏剣。
変身用のヤツとは違って、音は出るけど光らないのが惜しい(´・ω・`)


オトモ忍手裏剣以外のパーツを組み合わせると、人型になるぞ。


パワータイプのロボらしい顔つき。


横から見ると、こう。
めっちゃ平べったい!


人型の本体から象の顔パーツを外して空気椅子状態にする。


本体から外れた象フェイスは手裏剣と合体。


からの、本体と合体。


からの、脚パーツと合体。


脚を左右とも付けたら、象型に変形完了。


後ろから。
尻尾の感じとか、完全に象さんだコレ!


可動箇所は脚しかないので人型の方は物足りない感じだったけど、象型の方はかなり良い!
思ってた以上に象さんだった!

アクションよりも変形ギミック重視の玩具だね。
象型のクオリティが高くて良い!
ガチャガチャと組み換えるギミックが、パズル的な感じで子供には楽しいようで、息子は解説を交えながら変形の仕組みを教えてくれます。

さて、オトモ忍のギミックといったらシュリケンジンとの合体だけど、まだ買ってないのでお預けです(;^ω^)

シュリケンジン結構高いんだよなー…。
プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。