スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【保冷タンブラー】サーモスvs象印

保冷タンブラーがもうひとつくらい欲しくて、
買い足しました。

以前購入した象印のタンブラーがかなり良かったのでまた同じものをとも考えたんですが、
保冷タンブラーといえばサーモスも忘れてはいけない。
せっかくだから、象印のタンブラーと使い比べてみようと思って今回はサーモスのヤツを購入しました。

並んでどーん。
左がサーモスで、右が象印。

サーモスの容量は400mlです。
象印か450mlなので、ほぼどっこい。

内側の違い。

サーモスはステンレスそのままで、
象印は中がステンレスミラーになってます。
ちなみに、サーモスのタンブラーには同サイズのミラータイプもありますが、ロフトの店頭でサンプルを見たところ内側はミラーになってなかったです...。

象印の方は、内側に繋ぎ目が見えます。


飲み口部分の比較。

サーモスは薄くソリッドな感じで、
象印は厚めでやさしい。

ふたつのタンブラーを使い比べてみたところ、
各要素ごとの良かった方は以下の通り。

・保冷力:象印
・持ちやすさ:サーモス
・飲みやすさ:象印
・価格:サーモス

若干ですが、象印の方が温くなるまでの時間が長い印象。
サーモスの方が少し持ちやすい印象。スッキリしたデザインだからかバランスが良い。
個人的には僅差で象印の方が好みでした。

これらはともに真空断熱構造のステンレスで出来ていますが、サーモスがステンレスの塊といった作りなのに対して、象印は真空部分にアルミ箔を入れ、保冷力を高めているのだとか。
(象印タンブラーのマニュアルに載ってた。)
だから象印のタンブラーを振ると、かすかにシャカシャカと音が聞こえます。
そのせいか、象印タンブラーを叩くと空洞感のある音がします。
Amazonのレビューなどで象印の方が「作りが安っぽい」と書かれていることがあるのですが、この作り(軽い音がする)のせいで安っぽく感じるんじゃないかなぁ...。
実物は全然そんなこと無いんだけどね。

と、まぁ、 象印の方が保冷力が高かったのは上記の構造のおかげっぽいです。

とはいえ、両者ともにそんなに大きな性能差は見られないので、
コンパクトでスッキリとしたのが欲しい人はサーモス、ちょっと場所は取るけど飲みやすさと少しでも高い保冷力が欲しい人は象印を選ぶと良いんじゃないかな。

というわけで、以上、サーモス保冷タンブラーと象印保冷タンブラーの比較レビューでした。
スポンサーサイト

【プラレール】東京モノレール10000形

先日のトミカ博で買ってきた、東京モノレール10000形の紹介です。

イベント限定販売品は、何故か箱の色が少ない。

車両は3両編成固定。各車両はネジ止めされていて、分離できません。
この仕様からして普通のプラレールと違いますね。


アップで。


先頭車の上面に電池ボックスとスイッチ。

スイッチは ON/OFF のみ。

単3電池1本で駆動します。


モノレールセットならではのパーツ。
ブロック橋脚とレールホルダーです。

ブロック橋脚はいつもの黄色いヤツの色違いなので、組み合わせて高くすることも出来ます。

このように合体。


こう押すことでホルダー部分が可動します。


そしてレールをこう挟む。


車両を乗せるとこうなります。
モノレールでは、レールを縦に使うのです。


東京モノレールなので跨座式。

車両の裏面はこうなってます。

白いローラーがレールを挟み込み、黒いホイールで走行する仕組み。
ちなみに速度は超もっさり。

レールも特殊形状です。


通常の曲線レールと比較。
曲がり方が違います。

なので通常のプラレールのレイアウトには組み込めません。

専用パーツであることを示すモノレールマークが付いている。


通常の直線レールは使えるので、真っ直ぐになら延伸することが可能。

ただ、レールホルダーで補強していないと車両の重みに耐えられなくなってくるため延ばしすぎに注意です。

ニュー坂レールも、ちょっとくねったレールとして一応使えました。


なお、ストップレールは付いていませんでした。
ちょっと残念。

しかしこのレールを縦にして側面を走行させるという発想は斬新ですね。
いつも見慣れた形のレールがモノレールになってしまうとは...。
アドバンスもそうだけど、出来る限り既存のレールを活かすよう設計されてる所が流石です。

で、持ち主である息子はというと、会場限定販売品だったり、実際に東京モノレールに乗ったことがあったりでこのプラレールには大興奮。
「これ欲しかったヤツだ!」
と言いながらハイテンションで遊んでます。
何か歌いながら遊んでてめっちゃ楽しそう。

物販ブースには実物が展示されてたりもするので、トミカやプラレール関係のイベントで見かけた際はチェックしてみてください。
このレール使いの発想は面白いですよ。

トミカ博に行ってきました。

夏休みを利用して『トミカ博 in YOKOHAMA』に行ってきました。
わりと遠出になるので、下の子はお留守番をさせて、上の子と俺の二人で参加。

ミニゲーム的なアトラクションは色々あれども、どれも長い行列ができていて30分前後の待ち時間になってしまっており、全てのゲームを遊ぶのは子供にはキビシイ感じでした。
イベント事は、全部無理に回ろうとすると無理が出るからね。
子供の興味がある所が回れれば良いな、くらいの感覚で参加するのがちょうど良い。
当日券の購入で行列、アトラクション待ちで行列、物販ブースで行列と、待つ機会はかなり多かったです。

我が子は待ち時間の無いスタンプラリーに燃えていた。
あとトミカとプラレールの複合ジオラマにNEXが走ってるのを見つけて喜んでました。
磁力で浮いて走行するプラレールのリニアライナーの展示もあって、こっちも興味深そうに見てた。
トミカ博なのに電車に流れるとはブレないなお前!

アトラクションもいくつかやってきて、限定トミカもゲットしてきたぜ。

で、最後に物販ブースで色々売ってたので
会場限定販売のプラレールを購入。

モノレールのプラレールはイベントでしか買えないのです。
やはり息子は電車の方が好きなのなー。

みなとみらい線に乗れたり、会場近くでピカチュウの群れに遭遇したりと、息子はトミカ博以外でも色々と楽しかった模様。
長い道中良く頑張った!
電車内でも行列でも、機嫌が悪くなることも無くしっかり大人しくできてて素晴らしかった。
我が子の成長を感じる旅でした。

【カプセルプラレール】埼京線

カプセルプラレールの埼京線が1編成揃いました。



4回回して、埼京線の先頭車、中間車、後尾車の順で連続で出てきた。
まさか一瞬で1編成揃うとは...。
後の一個は車庫でした。

今回の埼京線はE233系が立体化されたもの。
E233系は、以前京浜東北線としても出てましたね。



京浜東北線もモーター車だったので、違いはカラーリングのみです。

やはりモーター車が出てくるとテンションが上がる。
カプセルプラレールのモーター車は、どの車両も「単5」電池で駆動します。
裏側のネジを外せば、簡単に電池交換も可能。
動かなくなったら交換してあげましょう。

カプセルプラレールの同シリーズでラインナップされているNEXの先頭車は未だに出ず。
息子はまだNEXを諦めていない...!
出るのかなぁ...。

コンタクトレンズにしました。

最近滅茶苦茶に暑かったので、メガネをやめてコンタクトにしました。


夏の間は毎日使うつもりなので、2週間で交換するタイプの物にしてみた。
なので毎日のケアが必要です。
ものぐさな性格なので毎日手入れしないと駄目とかめんどくさそうだったけど、やってみると全然そんな事は無かった。

洗浄液は、「楽なヤツください」と言ったらこれが出てきた↓

専用カートリッジの、
右目用のレンズを入れる方。
左下にRの文字がある。


左目用。こっちは中心に大きくLの文字。


開けて入れる。中はドーム型になってるので、レンズが裏返る心配は無し。


洗浄液を入れて、


レンズをセットしたカートリッジを入れる。

この時点で泡が出てきて洗浄が始まります。

そのまま6時間放置。


この洗浄液の成分は過酸化水素で、カートリッジの下部に付いてる金属パーツはプラチナだそう。

プラチナを触媒として過酸化水素を水と酸素に分解するワケだね。
過酸化水素の殺菌力と分解時に発生する泡(酸素)で綺麗にしつつ、放っておけば最後には無害な水になるという事か。
上手いこと出来てるなぁ。

放置時間の6時間が、反応が終了するまでの目安ということなのだね。
だから6時間経っていないレンズを装着すると、目がヤバい...。
時間はキッチリ守らねば。

最初はどんなもんかと思ったけど、ケアは楽だし、子供と遊んでてもメガネ吹っ飛ばないし、汗をかいてもズレないしで、かなり良い感じです。

これは良い買い物をした。

【プラレール】成田エクスプレス

こないだのアドバンスに続き、普通のプラレールの成田エクスプレスも購入!

前から。


横から。


アドバンスと比べると、少しでっぷりしている。

やはりアドバンスはイケメンだな!
色もアドバンスの方がちょっと白い。美白か。

近所のビックカメラではコイツがピンポイントで売り切れだったのだけど、結構人気のある車両なのかな?
更に近所のヨドバシカメラには置いてあったので助かった。

実はカプセルプラレールも回していて、息子はそっちでもNEXを狙ってます。
そして出てます。
中間車と後尾車だけど。

右から、プラレール、アドバンス、カプセル。


乗せてみる。


近所の店から無くなる前に、ゼンマイ車出ると良いなぁ。

我が家では急速にNEXが増殖しておる...。

【カプセルプラレール】C56蒸気機関車

カプセルプラレールにSLが仲間入りしました!

3回回したら偶然にもすぐにC56のゼンマイ車とテンダー車が揃ったぞ。


横から。



後ろから。


ヘッドマークはシールで再現。

「SL北びわこ号」です。
息子が自分で貼ったので、少し斜めってるのはご愛嬌。
はみ出さずに綺麗に貼れてるね。

このSLシリーズ、カプセルプラレール屈指の美しさなんじゃなかろうか。
マットな塗装と、細かな塗り分けが実に素晴らしいです。
材質はいつものプラなんだけど、SLの重厚感が良く出ててめっちゃ格好良い。
テンダー車も石炭積んでる感あるよね。

良いなー、コレ。
プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。