スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-PL6でFlashAirを使ってみた ~接続編~

先日購入したミラーレス一眼の
OLYMPUS PEN E-PL6 ですが、コイツにはWi-Fi接続機能が付いていません。
PL6が出た2013年は、デジカメにWi-Fi接続機能が搭載されてるのは当たり前だったのに…。

デジカメで撮った写真は無線で他の機器やSNSと共有したいのに、PL6単体ではそれが出来ない。

で、この問題を解決するためにFlashAirを購入しました。
Wi-Fi接続機能を持ったSDカードです。
これでWi-Fi接続機能を拡張できる。
PL6も公式でFlashAir対応が謳われてます。

で、使ってみた感じですが、結論から言うと良いです。
簡単にスマホからデジカメ内の写真が閲覧・保存できるようになるのはやっぱり良いです。
旅先で凄い重宝しそう。


FlashAirを接続待機状態にする場合、
"自動"と"手動"の二通りのパターンがあります。

自動の場合は、カメラの起動時に予め設定しておいた時間だけWi-Fi接続の待ち受けを行います。
手動の方は、Wi-Fi接続の有効/無効を切り替えるスイッチ用画像を予め設定しておき、カメラでスイッチ用画像のプロテクトを解除することでWi-Fi接続の待ち受けを開始するというもの。

時間やスイッチ用画像の設定はPCから管理ツールを使って行います。

手軽なのは自動の方ですが、必ず接続待機が行われるのでその分電池が消費されます。

手動は少し手順が増えるけど、接続待機が起動するタイミングをコントロール出来るので、Wi-Fi接続による電池消費を本当に必要なときだけに限定出来るのが良いです。

俺は電池消費を抑えたいので"手動"にしました。

で、PL6 ではFlashAirを手動で接続待機状態にする方法が二つあります。

一つ目は、ギャラリーからスイッチ用画像を選んでプロテクトを解除する方法。
・プロテクト解除→待機開始
・プロテクト設定→待機終了(切断)
です。

二つ目は、メニューから『スマートフォン接続』を行う方法。
メニューボタン
→再生メニュー
→スマートフォン接続
の順で操作することで、接続と切断が行えます。

メニューから接続を有効にした場合の動作ですが、どうやら内部で自動的にスイッチ用画像のプロテクト設定/解除を行っている模様です。
なので、ギャラリー画面からスイッチ用画像のプロテクト状態を切り替えるのも、メニューから接続を有効にするのも、やってる事は同じなようです。

スマホとFlashAirの接続はスムーズ行えました。
結構簡単です。

PL6に限らず、Wi-Fi接続が付いてないデジカメを使ってる人にはオススメ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。