スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プラレール】東京モノレール10000形

先日のトミカ博で買ってきた、東京モノレール10000形の紹介です。

イベント限定販売品は、何故か箱の色が少ない。

車両は3両編成固定。各車両はネジ止めされていて、分離できません。
この仕様からして普通のプラレールと違いますね。


アップで。


先頭車の上面に電池ボックスとスイッチ。

スイッチは ON/OFF のみ。

単3電池1本で駆動します。


モノレールセットならではのパーツ。
ブロック橋脚とレールホルダーです。

ブロック橋脚はいつもの黄色いヤツの色違いなので、組み合わせて高くすることも出来ます。

このように合体。


こう押すことでホルダー部分が可動します。


そしてレールをこう挟む。


車両を乗せるとこうなります。
モノレールでは、レールを縦に使うのです。


東京モノレールなので跨座式。

車両の裏面はこうなってます。

白いローラーがレールを挟み込み、黒いホイールで走行する仕組み。
ちなみに速度は超もっさり。

レールも特殊形状です。


通常の曲線レールと比較。
曲がり方が違います。

なので通常のプラレールのレイアウトには組み込めません。

専用パーツであることを示すモノレールマークが付いている。


通常の直線レールは使えるので、真っ直ぐになら延伸することが可能。

ただ、レールホルダーで補強していないと車両の重みに耐えられなくなってくるため延ばしすぎに注意です。

ニュー坂レールも、ちょっとくねったレールとして一応使えました。


なお、ストップレールは付いていませんでした。
ちょっと残念。

しかしこのレールを縦にして側面を走行させるという発想は斬新ですね。
いつも見慣れた形のレールがモノレールになってしまうとは...。
アドバンスもそうだけど、出来る限り既存のレールを活かすよう設計されてる所が流石です。

で、持ち主である息子はというと、会場限定販売品だったり、実際に東京モノレールに乗ったことがあったりでこのプラレールには大興奮。
「これ欲しかったヤツだ!」
と言いながらハイテンションで遊んでます。
何か歌いながら遊んでてめっちゃ楽しそう。

物販ブースには実物が展示されてたりもするので、トミカやプラレール関係のイベントで見かけた際はチェックしてみてください。
このレール使いの発想は面白いですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yu-mo

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。