スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【保冷タンブラー】サーモスvs象印

保冷タンブラーがもうひとつくらい欲しくて、
買い足しました。

以前購入した象印のタンブラーがかなり良かったのでまた同じものをとも考えたんですが、
保冷タンブラーといえばサーモスも忘れてはいけない。
せっかくだから、象印のタンブラーと使い比べてみようと思って今回はサーモスのヤツを購入しました。

並んでどーん。
左がサーモスで、右が象印。

サーモスの容量は400mlです。
象印か450mlなので、ほぼどっこい。

内側の違い。

サーモスはステンレスそのままで、
象印は中がステンレスミラーになってます。
ちなみに、サーモスのタンブラーには同サイズのミラータイプもありますが、ロフトの店頭でサンプルを見たところ内側はミラーになってなかったです...。

象印の方は、内側に繋ぎ目が見えます。


飲み口部分の比較。

サーモスは薄くソリッドな感じで、
象印は厚めでやさしい。

ふたつのタンブラーを使い比べてみたところ、
各要素ごとの良かった方は以下の通り。

・保冷力:象印
・持ちやすさ:サーモス
・飲みやすさ:象印
・価格:サーモス

若干ですが、象印の方が温くなるまでの時間が長い印象。
サーモスの方が少し持ちやすい印象。スッキリしたデザインだからかバランスが良い。
個人的には僅差で象印の方が好みでした。

これらはともに真空断熱構造のステンレスで出来ていますが、サーモスがステンレスの塊といった作りなのに対して、象印は真空部分にアルミ箔を入れ、保冷力を高めているのだとか。
(象印タンブラーのマニュアルに載ってた。)
だから象印のタンブラーを振ると、かすかにシャカシャカと音が聞こえます。
そのせいか、象印タンブラーを叩くと空洞感のある音がします。
Amazonのレビューなどで象印の方が「作りが安っぽい」と書かれていることがあるのですが、この作り(軽い音がする)のせいで安っぽく感じるんじゃないかなぁ...。
実物は全然そんなこと無いんだけどね。

と、まぁ、 象印の方が保冷力が高かったのは上記の構造のおかげっぽいです。

とはいえ、両者ともにそんなに大きな性能差は見られないので、
コンパクトでスッキリとしたのが欲しい人はサーモス、ちょっと場所は取るけど飲みやすさと少しでも高い保冷力が欲しい人は象印を選ぶと良いんじゃないかな。

というわけで、以上、サーモス保冷タンブラーと象印保冷タンブラーの比較レビューでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:yu-mo
ガジェット好きな二児のパパ。
買ったモノ、気になったモノについてマイペースに書いていきます。
子供の影響か、このブログには若干の鉄分が含まれています。

Twitterやってます。
@yu_mo83

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。